バナー

アプリの導入の仕方について

アプリはiphoneとandroidで導入の仕方が違います。

iphoneの場合はアップストアとよばれる専用のアプリストアからしかアプリを入れられません。

対してandroidの場合はストアを経由しなくてもアプリをインストール可能です。両者の違いはスマートフォンについても安全性の考え方の違いでもあります。iphoneの場合はアプリの品質、安全性も含めてサービスの一部として考えられてます。そのため、アップルの審査を通らない場合は利用できないのです。一見管理主義と思われがちですが、スマートフォンがネットに繋がり、PCと同じような機能を持つCPUを持っていることから安全性が特に重要であり、アップルは厳しく審査しています。
また、アップル製品はデザイン、機能面に特に厳しい基準を持っているので、サードパーティ製であってもしっかりした品質を求めています。

対してandroidは自由を重点に考えています。ストアでの審査はほぼなく、誰でも好きに登録可能です。また、Google純正のストア以外にも多数のストアが公開され、ストアを経由しないインストールも可能です。



とても自由なことですが、安全性については自己責任となっています。



そのため、セキュリティソフトが充実しており、各通信キャリアがプリインストールするほどです。


危険な感じもありますが、PCと同じ考えであり、スマートフォンを自由に使えることが最優先と考えられています。